おじさんヒヨコの無線雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS IC-7100とSDRの同期(3)〜SDR-console編〜

<<   作成日時 : 2017/03/26 14:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 前回は、SDRunoとIC-7100の同期設定について説明しましたが、今回は、SDR-consoleとIC-7100の同期設定について説明します。

なお、SDR-consoleのバージョンはV2.3を使って説明します。
OmniRigに関する設定は、前々回の記事を元に、済ませてあるものとします。

<External Radio>
画像

"Display"タブを選ぶと、図のように"External Radio"アイコンが現れますので、それを開きます。 

<External Radio画面>
画像

 "External Radio"の画面から、"Options"を選びます。OmniRigを起動して良いかのダイアログが出るかと思いますが、ONにしてください。

<External Radio Options画面>
画像

 図はRadio[OmniRig]タブを選択済みの状態ですが、OmniRigに設定済みのRIG1(IC-7100e4)がOn Lineになっていることを確認します。
 右側の赤丸で囲ってある"Tracking"チェックボックスは、全部チェックしておけばRIGとSDRの双方向での同期となります。必要に応じて片方向にもできるのは、SDRunoの場合と同じです。
 Radio[OmniRig]タブ以外にも数個のタブがありますが、特に何もいじる場所はありませんでした。

<再びExternal Radio画面>
画像

 OmniRigが起動済み(左側の電源アイコンがON)の状態となり、周波数も表示されますが、ステータスは"IC-7100e4,Not Track"となって、まだ同期は行われていません。
 赤い丸で囲んだ、[Track]ボタンを押してチェックボックスをONにするとOnlineに変わります。

<Online>
画像

 この状態になれば、IC-7100とSDR-consoleが双方向で同期しているのが確認できると思います。

<External Radioを背面に>
画像

 個々の画面設定により状態は異なると思いますが、他のタブを選ぶとExternal Radioが背面に隠れるのでスッキリします。

 もし、RIGとSDRの同期がスムーズでないと感じるなら、OmniRigのポーリング速度を調節してみるといいかもしれません。(1)の前準備編を参照してください。


「IC-7100とSDRの同期」の記事一覧は<こちら>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
IC-7100とSDRの同期(3)〜SDR-console編〜 おじさんヒヨコの無線雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる