おじさんヒヨコの無線雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS IC-821の修理

<<   作成日時 : 2017/05/16 21:27  

トラックバック 0 / コメント 0

 移動運用にと思い、先日オークションで入手したIC-821が壊れてしまいました。
エージングを行っている最中の故障なので、想定内といえばその通りなのですが、やはり面倒くさいことになったというガッカリ感は拭えません。

 症状は、U/V共に音声が全く出なくなり、近くで送信してもSメータが全く振れないという状態です。
何となく調子が悪いというような再現性のない症状に比べて、こうしたはっきりした故障は原因が特定しやすいので、その点では不幸中の幸いです。
気を取り直して、仕事の合間を見ながら修理に着手することとなりました。

■初見〜電源回路の不良〜
画像

 内部の電源電圧が異常なのはすぐに分かりました。
上の回路図で赤丸をつけてある、9Vのラインに13.8Vの電圧がそのまま出ていました。

 このICは9Vのレギュレータですが、1番ピンが入力で、2番ピンが出力です。

<9VレギュレータICを取り外した後の基板>
画像

 
<取り外したレギュレータICとコンデンサ>
画像

 電源用のICがこんな壊れ方をすることがあるのか、やや疑念はありましたが、とにかく原因をはっきりさせるために、IC交換を前提にしての単体テストを行いました。周囲の電解コンデンサは、これが原因ではないとは思いましたが、経年劣化があるかもしれないので、ついでに取り外しました。
 面実装のコンデンサの取り外しはそれほど難しくはないのですが、スルーホール実装のレギュレータICの取り外しは気を遣いました。両面基板ならまだいいのですが、どうやら多層基板らしく、スルーホールを壊してしまうと取り返しがつかなくなります。
 ICのピンを切断して一本ずつ抜くという手も考えられますが、このICに限っては足を切断する余地がない実装で、結局4つのランドを同時に加熱しながら慎重に引き抜くことでうまく行きました。

 レギュレータIC単体で電源を与えてみると、出力にみごとに9Vが現れました。全くの正常です。
ついでに、コンデンサの容量も測定したところ、こちらも正常でした。
どうやら故障の原因はこの周辺にはなさそうです。
(早まって交換用のICを発注してしまっていましたが、まあうれしい誤算です。)

<9Vレギュレータ周辺を復元>
画像

 取り外したICを再実装しました。取り外した電解コンデンサは、容量抜けはありませんでしたが、半田ごてで加熱等を行っているので、新品に交換しました。手持ちの関係で面実装ではない部品を使っています。

■原因を特定!
<MAIN基板からDISP基板への接続回路>
画像

 9Vのレギュレータが正常なのは確認できましたが、再実装後も故障は直っていません。となると、この基板から先の回路に問題がありそうです。

 9V電源があるMAIN基板からは、いくつかへの基板に電源が供給されていますが、上の回路図で印をつけたケーブルの抜き差しを行うと、あっという間に故障が直ってしまいました。

<MAIN基板からDISP基板への接続コネクタ>
画像

 これが問題のケーブルの末端ですが、回路図と見比べると、13.8Vと9Vが隣り合っていますので、コネクタの中でケーブルがずれてこの2つの電源ラインがショートしてしまったと考えられます。

■FFC不良
<MAIN基板からDISP基板への接続ケーブル>
画像

 原因も特定でき、万事解決と思い蓋を閉めようとしたところ、今度は正面パネルでの操作が効かなくなるという別の症状が現れました。

 先ほどのケーブルが、ずいぶんと傷ついているのは気になっていたのですが、どうやら反対側も含めてすべてをチェックしておくべきだったようです。

 両端のコネクタともケーブルを抜いてみると、末端の保持用の青いプラスチックがはがれて取れてしまいました。接点自体は傷んでいなかったので、青いプラスチックをボンドで貼り付けて再装着したところ、無線機の機能が完全に復旧しました。

 このケーブルとコネクタが壊れやすいことは分かりましたので、念のために新品のケーブルを予備で購入しておくことにしました。一般的には「FFC」と呼ぶケーブルらしいのですが、個人が店頭で買うようなパーツではないとは思いながらも、通販ですらなかなかドンピシャの物は見つかりませんでした。
 結局、長さ違いの200mmのものが10本300円程度で見つかったので、発注を掛けておきました。おそらく使うことはないと思いますが、もしもの時の安心代と思えば安いものです。

 無線機の蓋を開けたついでに、いろいろな点検・調整が出来れば申し分ないのですが、測定器がテスタくらいしかないので、内部の清掃と目視点検を行う程度で蓋を閉じました。

 移動運用での使用前に、とんだトラブルでしたが、自作の無線機でのQSOを楽しんでいた頃のような、ちょっぴり楽しい時間を過ごすことができました。

 次は、移動用アンテナの製作と、車への実装が待っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
IC-821の修理 おじさんヒヨコの無線雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる