おじさんヒヨコの無線雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 移動運用に挑戦(5) 〜リグコンを導入〜

<<   作成日時 : 2017/06/22 23:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 リグと八木アンテナの準備ができ、近場での練習を重ねていますが、どうにもオペレートが難しく、今の私の技術ではループをつかみ続けるのでさえ困難だということがすぐに分かりました。
いきなり、ドップラー補正とアンテナ回しの両方ともを手動でやろうとしたのは、無理がありました。
 ということで、手動でのドップラー補正は潔くあきらめることとし、リグコンを導入することにしました。

<左がリグコン用のPC>
画像

 リグコンには、ホームにて使い慣れている"SatPC32"を使うことにしました。
PCは、最初SDRでの受信用に使うつもりだった、VAIO-U50という古いPCを転用することにしました。

<SatPC32 on VAIO U50>
画像

 このPCは、CPUが"Celeron M 800MHz"というかなりの低スペックですが、メモリを512MBに拡張しているせいもあるでしょうが、SatPC32が全く問題なくスイスイと動きました。

<キーボードはテンキーのみ>
画像

 このPCには文字入力用のキーボードは接続していません。SatPC32を動かすだけであれば、文字入力の必要性はないからです。

 ですが、USBのテンキーだけは接続しています。
 SatPC32では、アップリンク周波数の微調整などにテンキーを割り当てており、このキーボードがないとオフセットの調整が著しく困難になります。
テンキーを使ったオフセットの調整については、まだ紹介したことがありませんでしたが、記事をあらためて、ご説明したいと思っています。

(2017年6月24日追記)
記事をアップしました ---> SatPC32(6) 〜便利なテンキー〜


<CATインターフェースには自作のCI-Vケーブルを使用>
画像

 CATコントロール用のCI-Vインターフェイスには、以下の記事でご紹介したケーブルを使ったので、とてもスマートにまとめることができました。
移動運用に挑戦(2) 〜IC-821を購入〜


 リグコンを導入してからは、八木アンテナのビーム合わせにのみ集中できるようになり、運用が相当に楽になりました。
おかげさまで、八木アンテナを使っての初QSOにも成功し、合間を見つけては練習を積み重ねているところです。
早く、諸先輩方のように安定したオペレートができるようになりたいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
移動運用に挑戦(5) 〜リグコンを導入〜 おじさんヒヨコの無線雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる